【マリオ64 RTA】 つきだしを のりこえて

つきだしを のりこえてのスター取得方法について書いていきたいと思います。

簡単な説明です。RTAでは通常登っていくルートを、反転ジャンプ、三段ジャンプ、壁キックを駆使して可能な限りショートカットしながら進んでいきます。

つきだしのスターは、ステージの仕掛けが止まった状態で行う必要があるため、ステージに入るときは時計の長針12の位置で入るようにしてください(58~02分くらいまでなら一応大丈夫だとは思います)。

それでは実際の動き・やり方を見ていきます。

マリオ落下中にC右、C下で以下のような視点とします。

スティック左ちょっと上を入れながら小ジャンプ二段ジャンプとつなげBジャンプダイブ復帰でベルトコンベアに乗ります。この部分には見えない壁(通称ATフィールド)がありジャンプダイブのタイミングによって当たってしまう場合があります。ここを確実に当たらなくする方法を知っている方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。

黄色い回転するキューブにジャンプで乗ったら若干右斜方向へ幅跳びを出し斜面の横を壁キックしたら3つある黄色いキューブの一番下で二段ジャンプとつなげ、真ん中のキューブに乗ります。

乗ったら奥を向き、QJK二段ジャンプとつなげ、三段ジャンプを一番上のキューブで出します。頂点で最速で壁キックを出せれば上の足場に崖つかまりすることができます。

足場に乗ったら右から左に反転ジャンプ、コインのあるの足場で手前から奥に反転ジャンプ+壁キックでさらに上の足場へと登ります。

続けて手前から奥に反転ジャンプし、黄色い足場から二段ジャンプで奥を壁キックしBジャンプダイブ復帰します。

金網の上で一度Bダイブ復帰し上の足場へとジャンプしたら、奥の変壁の角度が変わっている部分に幅跳びを出して壁キックをすると左側に跳ぶことができるのでBジャンプダイブを出し突き出しの上で復帰したらスターの下まで走りジャンプヒップドロップで取得して終了です。

ポイント

最初の幅跳びからの壁キック、連続して出す反転ジャンプが肝です。繰り返し練習して安定させると良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告