【Swift3.0】 タイマーを作る

Swiftでタイマーを作る方法についてです。ゲーム系では制限時間などによく使われていると思います。

ゲームではカウントダウンのパターンが多いと思いますが、とりあえず起動すると1秒毎にカウントアップするコードを書いてみました。一応コードの簡単な説明を。

timeIntervalで何秒ごとにメソッドを呼ぶかの値を決定します。selectorでどのメソッドを呼ぶか指定します。今回はonUpdateメソッドを指定しましたので、この中に指定した時間ごとに呼ばれる処理を書いていきます。例えばtimeIntervalを1を0.1に、count += 1とすれば0.1秒ごとに増えるタイマーを作ることができます。

「String(format: “%.0f”, count)」の“%.0f”は桁数指定を指定していることに注意です。これはcountの値を何桁で表示するのかを表し%.0fは小数点以下0桁、つまり整数で表示するということを表しています。0.1秒ごとに表示したいのであれば%.1fとする必要があります。

ViewController.swiftにそのまま貼り付ければ動くようにしてあります。

Swiftでタイマーを作る


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告